ウイスキーミュウ 成田一徹「メインモルト」ラベル  シークレットアイラ 2017 4年 700ml 54.2%

¥ 12,100(税込) 在庫:0税込 

ウイスキーミュウ 成田一徹「メインモルト」ラベル  シークレットアイラ 2017 4年 700ml 54.2%

アロマ:甘く、スモーキー。ピート焚きした麦芽の殻。すっきりとした柑橘類の皮と、リンゴの皮。主張の強い、スイカズラの花の香り。

フレーバー:さわやかで、透明感のあるピーティさ。スパイシーでモルティー。レモンの果肉と、麦汁の甘さ。フィニッシュは長くはなく、最後にかすかなレザー。加水するとモルティーさがまして、飲みやすくなる。

総合評価:若いが、飲みやすく完成度が高いヘビリーピーテッドのアイラモルト。ストレートでも、ハイボールでもどんな飲み方でも楽しめる

切り絵作家・成田一徹(なりた・いってつ)――サラリーマン生活のかたわら切り絵に目覚め、切り絵作家として独立。新聞、雑誌、書籍を中心に、街の情景や市井で暮らす人々、職人の仕事や生き様など多彩なテーマで作品を精力的に発表、その数は数千点にも及びます。

中でも、成田一徹がライフワークとして作り続けたのが、BARの切り絵です。BARという空間(場所)と、そこで客をもてなすバーテンダーたちをこよなく愛し、BARという世界の魅力を切り絵という表現方法で形に残し続けました。BAR業界では、いつしか成田一徹の切り絵を自分の店に飾ることが、ステータスとなりました。彼が愛してやまなかったBARの切り絵は1千点以上、多くの作品集や著書を残しましたが、2012年10月急逝されたことが惜しまれます。

このたび、WHISKYMEWでは、没後10年となる今年、成田一徹切り絵作品をデザインしたラベルのウイスキーをリリースします。

成田一徹は、自分が気に入ったお店や心許せる親交の深いバーテンダーをモチーフにしたものしか作品として残しませんでした。そんな作品の中から、今回ラベルに選んだのは、『メインモルト』と『呂仁(Rogin’s Tavern)』の2作品。レアなバーボンやモルトが飲める大阪・守口「呂仁」、関西きってのモルトバー「メインモルト」(神戸)、どちらも一徹が何度も通った名店で、生涯に何度も切り絵のモチーフになりました。

ウイスキーは、蒸留所非公開ですが、どちらもアイラ島にある蒸留所のシングルモルトです。「シークレットアイラ2013」は、ピーティさとともに極甘シェリーのペドロ・ヒメネス樽由来の甘く重厚な香りと味わいを、Very Young Islayと銘打った「シークレットアイラ2017」は、爽やかでモルティな甘さとヘビリーピーテッドなスモーキーさとの調和を、それぞれアイラらしさを醸し出しながらも、異なった個性を楽しむことができます。山岡秀雄と両店のマスターとで選んだシングルモルトです。

成田一徹の切り絵の世界と、そこに描かれた老舗BARの雰囲気に浸りながら、お気に入りの1杯をお楽しみください。

商品コード:

重量: 1.5kg

サイズ: 700

※ 未成年の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売は行なっておりません。